にじと風と麻の出会い・桜咲く季節に

  • 2017.04.08 Saturday
  • 22:25

 

本日(4月8日)、「にじと風福祉会」保護者会の皆様へ、糸績み体験会を開催いたしました。

満開になった桜が咲き誇るこの週末でのことです。

 

当初お聞きしていたご参加人数をはるかに越えた職員の方、保護者の方にお集まりいただき、

「麻糸に触れる」、「手仕事」への関心の高さを実感することが出来ました。

 

麻糸績み体験会.jpg

 

特別支援学級のカリキュラムで染色や織物を実習するので、

その後も学校で学んだことを活かして

社会に貢献し、自立する道を拓いていきたい、とのことです。

 

お母さんと子どもたちが一緒に楽しめること。とりわけお母さんたちが

楽しくなくちゃ続かない、とおっしゃり、これまで様々な手仕事を通じて体験されたことや

その思い、そして明確なビジョンを語られたことに、とても感銘を受けました。

 

 

お母さんから子どもたちへの手技(わざ)の継承。

 

今の時代に活かしていける環境を新たに産み育み、
顔と顔を合わせ、手から手へと、日本古来の大麻の「技」と「心」を次世代に繋いでゆく。

 

わたしたちのテーマが、まさにこの場にありました。

 

体験会の時間中は終始和やかの雰囲気で、

きっと初めての体験されたであろう「糸を績む」ことに、

皆さん、とても楽しく取り組んでいただいていたように思います。

 

そこに立ち会うことができたわたしたちインストラクターの思いも同じで、

とても穏やかなよい時間をご一緒することができて幸せでした。

 

 

皆さんご好評の中で、「にじと風福祉会様第1期」の

麻糸産み養成講座(基礎)の開催が決定いたしました。

 

保護者の方が寄せてくださった

一通のお問い合わせメールから始まりましたご縁です。

 

満開の桜とともに始まった、素敵なご縁に感謝申し上げます。

 

 

当会では、福祉・教育機関様からのご依頼にも対応しております。
お気軽にご相談下さいませ。

info@yorihime.com 

 

 

幻の大麻布で舞う、宮崎県椎葉村「古枝尾神楽」レポート

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 11:11

 

2016年の暮れも迫ってまいりました。

 

ご縁あって、宮崎県椎葉村からお預かりしていた大麻古布のお神楽衣装ですが

 

試行錯誤しながらの修復作業が終わり、

無事に12月10日のお祭りに間に合うよう、お届けすることができました。

 

 

大変に喜んで頂けました。

 

修復風景です。経糸、よこ糸共に国産大麻の手績みて織った布と糸にて、丹精込めて修復させていただきました。

 

 

 

 

大変古い、歴史のあるお神楽衣装。

麻の産地の違いもあるのか、色の違いなどに苦心しながらの修復となりました。

 

 

ビフォーアフターです。細かいところと、メインは衿と袖口の修復となりました。

 

(ビフォー)

 

 

(アフター)

 

国の指定の重要無形文化財に登録されている、宮崎県椎葉村の「古枝尾神楽」。

 

村の長男だけが舞うことを許されているという、昼から夜中まで続くお神楽です。

 


 

産経新聞にも掲載されました。

 

100年前の神楽衣装、幻の麻布で修繕 椎葉村「古枝尾神楽」で使用 宮崎

(2016.12.10 07:09)

 

きょう公演でお披露目

 重要無形民俗文化財「椎葉神楽」(宮崎県椎葉村)の一つで、同村古枝尾地区に伝わる「古枝尾神楽」の衣装が修繕された。100年以上前に大麻の布で作ったものだが、穴やほころびだらけになっており、一般社団法人「日本古来の大麻を継承する会」(山梨県北杜市)が修繕に協力した。10日午後1時から古枝尾センターでの神楽公演で、お披露目される。

 (南九州支局 谷田智恒)

 古枝尾神楽は、毎年12月の第2土曜日に奉納される。村人が烏帽子(えぼし)に「上衣」と呼ばれる衣装と、黒い足袋を身につけて演じる。上衣は大麻の布を使ったものを使用してきたが、古く、ボロボロになっていた。

 麻布は、大麻の茎の部分の繊維で糸を作り、それを編んだもの。江戸時代に木綿が普及する前は、広く使われていた。

 「日本古来の大麻を継承する会」は、この古来の麻布を次世代に伝承しようと活動する。同会によると、麻糸づくりに、本格的に取り組む人は、10人以下にまで減少した。麻布は“幻の布”といえる。

 今年6月、同会の理事が古枝尾神楽保存会から衣装を託され、修繕に力を貸すことになった。会のメンバー20人以上が協力して麻糸を作ったという。

 大麻繊維研究家で大麻博物館(栃木県那須町)の高安淳一館長は「古来の大麻布を使って修繕することは、本当の意味で文化財を継承していくことになる。衣装を大切にし、伝統神楽を守ってほしい」と村にエールを送った。

 椎葉神楽の起源は不明だが、「唄教(しょうぎょう)」(唱え言)は室町中期以前と推測される。平成3年、重要無形民俗文化財に指定された。

 

(ニュースサイトは こちら )

 

古き良き伝統文化の存続に、私たちの持つ糸績みの技術が生かせたこと、椎葉村の皆さまに喜んで頂けたことを何より嬉しく思います。

 

お祭りの様子は、来春公開のドキュメンタリー映画、「麻てらす」にて詳細を公開予定です。

 

乞う、ご期待!

 

 

 

最後になりましたが、

2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

※「みやざき文化財情報」のサイトより、動画が見れます。

 

古枝尾神楽

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM