岩手〜秋田で広がる、糸績みの輪

  • 2018.05.07 Monday
  • 15:10

 

 

こんにちは!

麻糸産み講座公認インストラクターの田坂です。

今回は、岩手と秋田での、麻糸産み後継者養成講座の様子をレポートします!

 

 

初開催は、古民家で

 

 

2015年1月6日、冬の岩手県一関市。

 

「岩手やまんばプロジェクト」さんご協力のもと、

1回目の麻糸産み後継者養成講座(基礎)を開催しました。

 

会場は古民家で、囲炉裏や織り機もありました。

ああ、なんとも懐かしい、心地よい空間でしょうか。

様々な活動をされている、個性豊かな女性たちが集まりました。

 

あれから3年、岩手県花巻市でも開催できるようになり、

(岩手県は広いのです〜)

12期48名(内、アドバンスまで25名)と、多くの方に受講いただきました。

 

ここまで長く開催できたのも、コツコツと地道に続けて下さった、

岩手やまんばプロジェクト代表の西島さん、受講生の皆さんのおかげです。

ありがとうございます!

 

 

岩手の手仕事と麻

 

 

北東北エリアは、その寒さゆえ綿が育たず、明治中期まで(*1)

布といえば大麻布を指すほど、日々の暮らしに麻布がありました。

そこには、女性たちが手わざを駆使し、

生きるための「布」を大切にしてきた営みがあったのです。

 

私が出張した際、岩手県内、平泉地方や久慈市山根地区の

麻栽培の資料を見せていただきました。

現代においては、昔の風景をすべて再現することは難しい状況になっており、

寂しさも感じました。

 

個人的に強く惹かれたのは、「女わざ」という手作りの冊子でした。

季節に応じた、衣食住の手仕事の知恵と工夫が、手書きで紹介してあり、

包み込まれるような温かさを感じたからです。

 

『女わざ91春第9号』の中に、「麻の里のおばあちゃん」という話があります。

それによると、

 

“麻の一番刈りは出荷して換金しますが、二番刈り、三番刈りのものは

自給用として、屋根裏に保存しておくならわしがあった”

と記されています。

 

栽培ができなくなってから、保存してあった麻で糸を績み、

麻糸がなくなるまで、布にしていた様子が綴ってありました。

 

女わざの活動は、2016年、東京農業大学出版会より1冊の本にまとめられています。(*2)

ご興味のある方は、ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

(*1)「食と農」の博物館 展示案内No.70より

(*2)『農の暮らしに生きた女わざ』

特別展「女わざと自然とのかかわり〜農を支えた東北の布たち」の開催による記念出版

 

 

 

秋田、糸績みの輪

 

 

2017年9月、『心庭』さんとの共催で、基礎講座を初開催!

映画『麻てらす』上映会と同時開催でした。

 

会場は古民家で、ほんわか〜穏やかな女性たちが集まっています。

そしていつも、コロコロと笑い、楽しいのです♪

『心庭』代表の松橋さんは、フリーの保育士さん。

子どもたちの成長を育む、新しい場を創造、サポートを開始しています。

 

 

  毎回ちょっとずつ動きが手に馴染んでくる

  麻と仲良くなってくる

  すると不思議と綺麗な糸を績めるようになる

 

 

ナチュラルで感性豊かな、松橋さんのご感想。

素敵ですね。

糸績みって、なかなか深いのです^^

子どもから大人まで、糸で繋がる、糸績みの輪が広がってゆくと楽しいですね。

 

 

 

地域の文化、オリジナリティを大切に

 

 

こうして地方に出張させていただくと、

各地域の文化、人々の独自性に触れ、感心することが多いです。

地元の人たちがあたりまえのことでも、

私のように外から入ると、キラリと光る宝の山に見えるのです!

いつも心地よい刺激と経験という宝を受け取っています。

 

 

岩手の糸績み仲間さん、麻布づくりが始まったようです。

知恵と工夫、創造性を活かし、

ゆるやかに交流してゆけたら嬉しいです。

次回訪れる時は、どんな展開になっているでしょう〜。

私も楽しみにしています。

 

 

_________________________

今後の麻糸産み後継者養成講座は・・・

_________________________

 

一般社団法人日本古来の大麻を継承する会は、

岩手やまんばプロジェクトさん、心庭さんと協力して、

今後も定期的に開催していく予定です。

随時リクエストも募集していますので、

「興味ある!参加したい!」など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしています!

 

<お問い合わせ先>

一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会

担当講師:田坂、秋野まで

 

お問合せフォームはこちら

http://yorihime.com/contact

 

 

Writer:Kyoko.T

 

にじと風と麻の出会い・桜咲く季節に

  • 2017.04.08 Saturday
  • 22:25

 

本日(4月8日)、「にじと風福祉会」保護者会の皆様へ、糸績み体験会を開催いたしました。

満開になった桜が咲き誇るこの週末でのことです。

 

当初お聞きしていたご参加人数をはるかに越えた職員の方、保護者の方にお集まりいただき、

「麻糸に触れる」、「手仕事」への関心の高さを実感することが出来ました。

 

麻糸績み体験会.jpg

 

特別支援学級のカリキュラムで染色や織物を実習するので、

その後も学校で学んだことを活かして

社会に貢献し、自立する道を拓いていきたい、とのことです。

 

お母さんと子どもたちが一緒に楽しめること。とりわけお母さんたちが

楽しくなくちゃ続かない、とおっしゃり、これまで様々な手仕事を通じて体験されたことや

その思い、そして明確なビジョンを語られたことに、とても感銘を受けました。

 

 

お母さんから子どもたちへの手技(わざ)の継承。

 

今の時代に活かしていける環境を新たに産み育み、
顔と顔を合わせ、手から手へと、日本古来の大麻の「技」と「心」を次世代に繋いでゆく。

 

わたしたちのテーマが、まさにこの場にありました。

 

体験会の時間中は終始和やかの雰囲気で、

きっと初めての体験されたであろう「糸を績む」ことに、

皆さん、とても楽しく取り組んでいただいていたように思います。

 

そこに立ち会うことができたわたしたちインストラクターの思いも同じで、

とても穏やかなよい時間をご一緒することができて幸せでした。

 

 

皆さんご好評の中で、「にじと風福祉会様第1期」の

麻糸産み養成講座(基礎)の開催が決定いたしました。

 

保護者の方が寄せてくださった

一通のお問い合わせメールから始まりましたご縁です。

 

満開の桜とともに始まった、素敵なご縁に感謝申し上げます。

 

 

当会では、福祉・教育機関様からのご依頼にも対応しております。
お気軽にご相談下さいませ。

info@yorihime.com 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM