新プロジェクト始動 「新生大麻布プロジェクト」「百年帯プロジェクト」

  • 2018.01.27 Saturday
  • 21:26

 

2018年最初のブログとなりました。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さてさて、ここでしか出来ない、二つの素敵なプロジェクトが既に始動しています!

 

2017年冬至の日には 

新生大麻布プロジェクト

 

2018年新春には、

百年帯プロジェクト

 

が、それぞれ始まりました。

 

 

新生大麻布プロジェクトとは?

 

"よりひめ"の誇る高い技術力を結集し、大麻布を現代に新たに蘇らせます。

 

海外の材料ではない、純粋に日本産の精麻を用い、

 

丁寧に麻打ち、麻裂きして

高い糸績み技術を持ったよりひめさん達の手によって、糸を作ります。

 

着尺にするのか、最終地点はまだ明確に決まっておりませんが、

とにかく、糸がなくては始まらない!まずは、初めてみよう。

 

そんな風に始まりました。

 

事のはじめは懇親会の席の思いつきからでしたが、

着地点は、どんな形であれ、どこにもない、稀大なものとなる確信があります。

 

 

写真は、参加表明されたよりひめさんたちです。

大麻博物館の高安館長も、プロジェクトに参加されます。

 

それぞれに、打った麻を持ち帰り、各自が糸作りを始めているところです。

 

さて、どんな素晴らしいものが出来て来るのでしょう?

参加者自身がワクワクしている、新生大麻布プロジェクトです。

 

 

さて、もうひとつの新プロジェクト。

 

百年帯プロジェクトとは?

 

あなたと育てる、百年帯プロジェクト

〜百人帯から百年帯へ〜

(別ウィンドウで開きます)

 

2016年。百人を超える績み手さんにより、ひとつの作品が誕生しました。

 

素朴な風合いの、しかし伝統の技術が忘れかけられている今、大変貴重な、

正真正銘、手績み、手織りの大麻の半幅帯です。

 

この貴重な帯は、大切に保管し、しまい込んでいては、その価値は生かされない。

本来、大麻の衣服は通常使いの衣服でもあり、使い込んでこそ使い心地がよくなるものだからです。

 

それならば、百人の手によって績まれたこの帯を、百年先まで繋げていこう。「育てて」いこう。

沢山の人の手を通しながら…

 

そんな思いから、この百年帯プロジェクトが誕生いたしました。

 

 

具体的には、帯レンタルという形となりますが、

 

レンタル中の使い道は様々。

洋装に、和装に。写真を撮ったり、お出かけしたり。

 

すでに着用された方からの感想も頂いております。

 

大麻の布は、最初は生成り色をしていますが、使い込んでくると真っ白になっていくのです。

この事実を知っている方、体感されている方は非常に少ないのですが・・・

 

使い込まれてゆくその変化を記録を取りながら、

伝統という過去を受け継ぎ、未来へ受け渡す文化財産の一つとして、

 

「麻の服は涼しい、夏の服」という常識を覆す体感として。(大麻の布は冬でも暖かいのです)

(※”麻”の繊維の元となっている植物の違いでもあります 涼しい繊維=苧麻、リネン、ラミー 暖かい=大麻繊維)

 

あなたと育てる、百年帯プロジェクト、

 

詳細は → こちら ← からどうぞ!

 

 

※注 大麻の布は、実際百年の歳月に耐えうる素材であることも、あまり知られてはいません。

実際、愛好家、収集家の方の中には百年ほど前の「大麻古布」をお持ちの方もおられます。

 

 

それではまた、この二つの新プロジェクト、進捗を報告させて頂きます。

お楽しみに…!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM