八ヶ岳の清流での 百人帯の川晒し

  • 2016.08.15 Monday
  • 23:19

 

先日、第2弾の百人帯の川晒しを行いました。

 

八ヶ岳の麓、水晶の山と言われる瑞牆(みずがき)山にほど近い、涼やかな清流にて。

 

 

眩しい夏の日差しのもと、

ゆらゆらと 大麻の百人帯が泳ぎます

 

川の水は 澄み切って、とても冷たかったです。

 

 

初日は 大麻博物館の 高安館長、

映画「麻てらす」の 吉岡監督も駆けつけてくださり

 

夏休みですから、インストラクターさんのお子さん達も参加されてにぎやかな一日となりました。

 

 

設置風景です。ずっと浸かっていると痺れるほど山の水は冷たく。

 

 

しっかりと日差しにあてながら晒すために

刻一刻と移り変わる山の影に入らないように場所を移動していきます。

 

それでも、しっかりと固定した後は、有り余る時間が・・・

何しろ、流されていかないように 誰かが交代で気をつけておけばよいのですから・・・

 

子どもたちは石投げ、川遊び

(大人も 川遊び^^)

 

冷やしたキュウリやトマトをいただいたり、

川辺でウクレレを弾くインストラクターさん、

 

絶えることのない涼やかな水の音に

蝉たちの大合唱、

 

ひんやりとした水飛沫を受けながら、都会の生活ではあり得ない ゆったりとした時間が流れて行きました。

 

 

麻畑で丹精こめて育てられ

たくさんの人たちの手績みで糸をつくり、手織りで織られたこの帯が

 

太陽の力と水の力で さらに 味わい深く、なじみやすいものになっていくのです。

 

 

川晒し後の百人帯です。

 

 

フノリがおちて柔らかくなり まだまだですが、目が詰まったかな?という感じです。

 

 

あるインストラクターさんは

 

特別なことではなく、営みのひとつ。

女性たちの手仕事、暮らしの風景として、深いところに染み込んでいけばいいな、

 

と言われていました。

 

 

「川に晒す」という行為だけではなく

 

この風景、時間のゆるやかな流れのすべてを持って川晒しなのだと

気づかされました。

 

 

これにて、

 

第一弾の百人帯は 雪晒しを

第二弾の百人帯は 川晒しを

 

それぞれ、行うことができました。

 

 

それぞれに、ふさわしい呼び名をつけさせていただこうと 考え中です!

 

夏の清流の 涼しい音を記憶したこの帯は、さて どのような名前になるのでしょうか?

 

 

シンプルな工程でしたが、今回も とても貴重な体験をさせていただけましたことに

感謝をこめて・・・

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM