初参加レポート! 新・スピニングパーティ2016

  • 2016.10.01 Saturday
  • 00:27

 

年に一度開催される、「素材好き」の方たちの集まる一大イベント、スピニングパーティに

今年、私たち「日本古来の大麻を継承する会」も、初参加させていただきました。

 

スピニングパーティは、2001年からスタートし、(震災時は2年間休みでした)今年で14回目となります。

毎年、たくさんの来場者が訪れ、手仕事好きな人たち、アマプロ問わず、大変人気のあるイベントとなっています。

 

素材は主にウールから、シルクやオーガニックコットン、町田市大賀藕絲館、草木染に、べんがら染め。そして私たちの「麻素材」。

 

今年開催された、新・東京スピニングパーティー2016のテーマは、ずばり、

 

「素材の力、道具の力」。

 

「まずは、糸から、素材から。」いつもこれを念頭において活動している当会にぴったりなテーマです。

 

 

9月11日、12日の土日に開催されました。

なんと、全国から2,800人もの方が訪れたそうです。

 

「日本古来の大麻」のブースでは

 

素材の歴史としては大変古く、そして現在ではあまり知られていないという「大麻の糸績み体験」が大盛況!

行列ができるほどとなりました。

 

両日、たくさんの方が糸績みを体験していかれました。

ブースが小さいのでスタッフも少数精鋭ですが、常時フル回転!お疲れさまです。

 

 

大麻を使った、しめ縄風ストラップ作りのワークショップなども開催しました。

 

さすがスピニングパーティ!と思わされたのは「出来上がった作品」ではなく、「素材」を購入していかれるお客様が多かった事でしょうか?

 

例えば、大麻の糸を作るための材料、桜染のための山桜の枝など。

出来合いの作品を求めるのではなく、ご自身が「作る」ことを普段されている方たちの集まりなんだなと、改めて感じました。

 

 

まさに「素材」から、百年前の古布までを一挙展示です。

 

 

なにげなく展示されていますが、ここに大麻の糸の秘密が隠されています。

 

奥にかかっている大麻古布の着物は、約100年ほど前のもの。

ということは、100年の歳月に耐えうる素材だということが言えましょう。

 

 

知れば、日本に於いて とても古くからの、糸や布、素材としての歴史があり、

また、日本の高温多湿に大変に適した大麻糸の素材

 

この事実を知ってか知らずか、

 

用意していたパンフレットも飛ぶようになくなっていきました。

 

初参加、手探りではありましたが、確かな手応えを感じながらの、お開きとなりました。

 

 

本当にお疲れさまでした!

すてきな笑顔ですね。

 

初参加レポートでした。

 

 

来年のスピニングパーティは、9月に開催の予定ということです。

 

関連サイト

・新・東京スピニングパーティー2016

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM