ドキュメンタリー映画「麻てらす」の上映が始まりました。

  • 2017.06.26 Monday
  • 14:38

 

 

ドキュメンタリー映画「麻てらす」

待ちに待った映画が、ついに公開の運びとなりました。

 

去る6月22日、よく晴れた夏至の翌日に、自由が丘のアンジェリさんにて

関係者に向け、初の映画上映会が開催されました。

 

 

2012年からの「日本古来の大麻を継承する」活動である、麻糸産み講座が始まってからはや5年。

 

その間に産業レベルで糸を績むことの出来る「よりひめ」さんが誕生し、

大麻博物館の高安館長さんだけではなく、この内容を教えることが出来るインストラクターさんが各地に誕生し、

 

教える活動のみならず、継承活動を組織的にやっていこう、として社団法人も誕生しました。

 

 

ですから、この上映会に集まったメンバーはこの活動の初期から関わっている方が多く、

 

「もうあれから5年もたつんだね〜。」

 

自分たちのやってきた活動を振り返る、懐かしい映像でもありました。

 

ドキドキの初上映会の開始です!

 

 

副題は

 

「麻を知ることは、日本を知ること。」

 

これほど適した副題はない、と思えました。

 

 

 

麻というものがどれほど我々、日本人に密接に関わって来たのか。

 

 

日々の生活に、

八百万(やおよろず)の神を信じる日本人の心に。

 

 

その事実のみを、淡々と、美しい故郷の映像と共にお届けする、とても素晴らしい映画に仕上がっていました。

日本人であれば、麻に関わっていない方でも、本当に見て頂きたい映画です。

 

すべての人の心の底に脈々と流れている、ふるさとへの憧憬。

 

その、心の琴線に触れるものがあると思います。

 

 

 

ふさわしい時に、ふさわしい場所へ、

日本全国を飛び回り、映像を形にしてくださった吉岡監督にも感謝いたします。

 

映像が公開されるということは、活動の記録が保存されていくことに他なりません。

 

 

【 主な内容】上映時間は98分

 

エピソードー1)“よりひめ”とは?      
エピソードー2)大麻栽培今昔 
エピソードー3)百人帯の制作 
エピソードー4)被災地で発見された奇跡の大麻糸 
エピソードー5)神社と大麻〜巫女さんの髪結い〜 
エピソードー6)へその緒と自然お産 
エピソードー7)田中忠三郎が残したメッセージ 
エピソードー8)神戸(ごうど)火祭り 
エピソードー9)椎葉神楽とよりひめ 
エピソードー10)糸績み唄を歌うおばあちゃん

 

〇HPはこちらです→ http://asaterasu.com/index.html

 

〇各地での上映情報のご案内

 → http://asaterasu.com/screening.html

 

 

ずっと、風前の灯である日本古来の大麻に危機感を覚え地道な活動をして来られた高安館長。

いつも先駆者であり、麻糸産み講座を形にされ、惜しみない協力を頂いているアンジェリの嶋さん。

ずっと素晴らしい麻の素材を提供して下さっている、栃木の麻農家さん。

 

この便利な現代にあって、糸産みを続けておられる受講生さん、よりひめさん

手弁当で継承活動に駆けつけてくださっているインストラクターの方々。

「今」を作ってきた、大地に根ざし生きて来た我々のご先祖の方々。

 

この映画は、

 

吉岡監督をはじめ、関わる全ての方々の描いた、どこまでも繋がる「麻の葉文様」でもあります。

誰が欠けても、この映画は成り立っていません。

 

この場を借りて関わって下さったすべての方にお礼を申し上げます。

 

 

 

〜麻てらす〜 女たちの、平成 岩戸開き物語。

 

この夏、公開です。どうぞお楽しみに!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM