技術研鑽〜皆で集まって麻打ちのおさらい〜

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 14:20

 

 

先日、麻打ちのおさらい、技術研鑽を行いました。

 

「麻打(ぶ)ち」とは何でしょうか?

 

↓こちらが精麻の状態

 

 

大麻博物館から購入しました。輝いて、美しいですね。

 

この精麻を直接裂いて繋いても見た目はちゃんとした糸が出来ます。

 

が、「麻打ち」という一連の作業をすることにより、糸にするまえに更に不純物や弱い部分を落とすことが出来るので、精麻を直接裂いて繋ぐよりも、糸の強度をあげ、且つ、しなやかな糸を作ることが可能となります。

 

 

都内の「御嶽山」駅から徒歩一分の御岳神社内事務所にて。

 

参拝する方が絶えない、地元の人に愛されて大切にされているのが一目で分かる

大変すがすがしい神社でした。

 

 

届いた精麻は800グラム。

 

ひとしきり賑やかに準備した後は、さっそく作業に取り掛かります。

 

 

実はここで、大変不思議なことが起こるのです。

 

水面をご覧ください。分かりやすいように、テープを水面に張りました。

 

 

800グラムの束ねた麻を投入後・・・

 

 

なんと、800グラムもの重さのものを水中に投入しているのに、水位が変わらないのです。

 

今回突発的に起きた怪奇現象ではなく、毎回そうなのです。

毎回、不思議だなあ〜と思っいながら作業しています。

 

この後は、ゆったりのんびり待ち時間の方が長くて、

お昼タイムにお茶タイム、おしゃべりタイムへと続いて行きます(笑)。

 

ですが、ここは技術研鑽。そう名のつくからには、技術の研鑽もしっかり行います。

本当に小さな部分で、各自が独自のやり方になってしまっていた点がいくつかありました。

 

自己流は、いつかさらなる独自の方法へ変遷してしまいます。

 

伝統を残すことについては様々な考えがあるかと思いますが、長年の経験からくる積み上げたもの

をそのままに、忠実に後世に残すことは、意義があると考えております。

 

特に麻打ちについては、やり方、温度、材料の量。ほんの小さな事で出来が違ってくる体験

がありますのでちょっとした違いを訂正していくことが重要となります。

 

大変為になる技術研鑽会でした。

 

日も暮れかかる頃には麻打ちも終わり、みんなで神社に参拝です。

 

 

さて、この大量の打った麻、これをどうするのでしょう??

 

十二月中には、またワクワクなお知らせをさせて頂ける事と思います。

どうぞ、お楽しみに!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM