大麻がつないだ源平の 遠い昔の恋物語 

  • 2016.06.22 Wednesday
  • 22:57

 

時を超えて巡り合う。そう言うとまるで物語の中だけの出来事のようですが・・・
今日のお話は 大麻が再び結び合わせた、遠い昔の恋物語(実話)です。

 

今回、私たち社団法人「日本古来の大麻を継承する会」の一人、河野さんが、麻をテーマとした映画「麻てらす」の吉岡監督の縁により、宮崎県の某山奥のそのまた奥に、今も現役で使用されているという大麻の御神楽衣装の調査の為、その地を訪れることになりました。

 

 

道中、行き先は【平家の落人の末裔の村】とお聞きすることになります。

 

ところで、河野さんは、弓道をたしなみ、その弓弦を作りたいと大麻の糸績みを始められたのでした。弓道といえば「那須与一(なすのよいち)」。古文にも出てきましたね。波に揺らぐ舟上で舞う扇の的を射た、弓の名人です。栃木県 那須ゆかりの源氏の弓の名手です。

「よっぴいてひやうど放つ。(よく引いて、ひょうと放つ!)扇は空へぞ上がりける」

『扇の的』より

 

さて、物語の舞台は古(いにしえ)に移ります。宮崎県は椎葉(しいば)村の源平の悲恋の物語です。

そこは山奥の平家の落人の村でしたが、容赦なく源氏の追手が迫ります。あの弓の名手、那須与一が討伐に行く予定が病気で行けず、その弟の大八郎さんが赴く事になったのでした。

 

大八郎さんは椎葉村の平家の鶴富姫(つるとみひめ)と出逢い、源平の宿敵であったはずの二人は恋仲に・・・

 

平家の落人は田畑を耕して暮らし、もはや反旗を翻す気もありません。それより、姫のことが・・・大八郎さんは鎌倉に嘘の報告を送ります。

 

しかし しばしの蜜月の後、大八郎さんに鎌倉への帰還命令がなされます。
その時、鶴富姫のお腹には小さな命が宿っていました。

 

二人は約束をします。
「生まれた子が男の子なら鎌倉に送りましょう。生まれた子が女の子ならば、この椎葉村で育てます」と。

 

果たして、生まれたのは女の子でした。その子が成長した暁に婿をとり、もう会うことのできない愛しの大八郎の姓「那須」を名乗らせたのだそうです。

 

それぞれの子孫は繁栄し 現在も椎葉村には 椎葉姓と那須姓がとても多いのだそうです。

御神楽の衣装を見せてくださった二人のお爺様も「椎葉さん」と「那須さん」でした。

 

日本各地に残る源氏と平家の末裔は今でも仲が悪いところが多いそうなのですが、椎葉村ではとても仲がよいのだとか。遠いご先祖である鶴富姫と大八郎さんの悲恋のことを記憶のどこかに留めているのかもしれませんね。

 

 


その物語の舞台の椎葉村の 古い大麻の御神楽衣装・・

 

その紛れもない古い大麻製の、椎葉村の御神楽衣装は、ところどころほつれ、見せていただけるだけでも畏れ多い事なのに、なんと私たちが大麻の糸作りが出来るということで修復を今後の視野に入れ、一着をしばらくお預かりさせていただくことに・・!

 

 

よくよく考えてみると・・・

 

鶴富姫のおられた 椎葉村の御神楽衣装を 

大八郎のゆかりの那須の(現在の栃木の)大麻の糸で修復することになるのです。

 

二人の遠い別れの日から 長い、長い時を隔て 今 繋がる「赤い糸」。

 

包ませて頂いた御神楽の衣装の重みが、何だかおふたりの赤子を抱いているような気持ちにもなり、大切に預からせて頂きました。

ちなみに、鶴富姫のお墓は椎葉村に、大八郎さんのお墓は那須(栃木県に)あるのだそうです。

 

(大八郎さんと鶴富姫)

 

 

さて、ここから先の話は単なる憶測です。どうぞ聞き流していただけますように・・


今回のような不思議な縁を聞くたび 思うことがあります。


「大麻には結ぶ力がある」と。


椎葉村の歴史をずっと見守ってきた大麻製の御神楽衣装は 
その村の悲恋を知ってか知らずか

奇しくも愛しの人の眠る土地の糸を呼び寄せた。

 

修復されたなら 新たな命を吹き込まれたその衣装は
古の離ればなれの二人の思いを結び合わせたように

 

未来にも 新しい物語を結んでいくことでしょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM